【UberEats】方向音痴でも配達する方法

          

エフミ
方向音痴のエフミです

最近ウーバーイーツにハマっていまして毎日配達頑張っています。

少しでもいい状態で食べ物を配達できるように信号の少ない道を使って安全に素早く配達しています。

しかしながら、私には大きな欠点があります。重度の方向音痴です。

北に行きたいのに南に行くのはあるある。1度曲がると方角がわからなくなります。

今、どこにいるんでしょうね。

友人から私もウーバーイーツやってみたいけど方向音痴なので、できるのか心配。そんな声も貰いました。

私は声を大にして言いたい。

方向音痴でも配達はできる

方向音痴な私でも配達は可能なんです。今回は方向音痴な人でも配達できる方法をご紹介したいと思います。

ここで注意したいのが私は方向音痴が直ったわけではありません。方向音痴な自分と向き合い、対策を練って配達することで素早くお仕事をこなせています。

今回の記事では方向音痴全般のお話に加えて、方向音痴でもウーバーイーツの配達が可能だということをお話した内容となります。

 道に迷うとは

そもそも道に迷いやすい人とはどんな人のことでしょうか。主に3つのポイントがあります。

 初めての土地

どんな人でも初めての土地は迷うものです。

旅行先でいきなりすべての観光地に迷わず行くことができる人は少ないと思います。

 現在地を認識できない

地図を見ても今どこにいるのかわからない…そんな経験ありませんか?

特に向いている方角が認識できていないことが多く、駅のフロアマップを見ても自分がどこに行けばいいのかわかりません。

私達は地図を見ることはできても読めないのです。

確認せずに進む

途中で幾度となく訪れる分岐点。直感で決めていませんか?立ち止まって考えるとわかる交差点も雰囲気で決めていませんか?前に訪れたことがある場所でもおぼろげな記憶で進むと取り返しが付きません。

細かいことを言うともっと多くの原因があると思いますはこれらの3つを対策することで道に迷うことが少なくなると思います。早速対策していきましょう。                                 

対策法

慣れた土地で稼働

ウーバーイーツは慣れ親しんだ土地で稼働するのが1番迷いにくく、素早く配達ができます。できれば地元が1番良いでしょう。

しかし、転居先での副業としてウーバーイーツをするかたなどは土地勘が薄いと思います。

そんな方は難波周辺で稼働してみてはいかがでしょうか。難波は道が単純で碁盤の目状です。行き止まりは曲がりくねった道も少なく、とても配達がしやすいエリアです。

下のマップは淀屋橋から難波までの地図です。道がまっすぐに伸びているのがわかります。

単純な未知の構造なので、道に迷いにくく、おすすめです。

 

難波は大型商業施設も少ないところもおすすめのポイントです。大型商業施設だと従業員入り口が分かりづらく、入館手続きも煩雑でとても時間がかかります。

時間がかかると焦ってしまい、道を見逃したり、事故にも繋がりますのでそういった施設が少ない難波は初心者にもおすすめです。東京の場合ですと、錦糸町あたりが難波と道路状況が似ていると思います。

反対に梅田や福島は難しいエリアです。曲がりくねった道が多く、大型商業施設も多く存在します。私もよく迷っています。助けてください。

 念じる

自分の進んでいる方向を頭の中で唱え続けるのも対策としておすすめです。例えば難波から御堂筋を使って心斎橋に行くときは北に向かって進みます。その際に頭の中で、

エフミ
今は北に向かっている北に向かっている北北北北北

唱え続けてます。もちろん頭の中で。

精神論全開ですが効果がありますよ。自分の向かっている方角を認識することが大切です。

地図の向きを北に固定する

UberEatsの地図は進行方向に地図が回転する仕組みです。カーナビと同じですね。

私は訴えていきたい。

方向音痴にとって北は上でしか認めないと。

1番共感してほしいポイントです。街中には北の方角が上でない地図が多く見受けられます。進行方向に沿って地図を作成していることがあるので、北が横に向いていたりするのですよね。

地図が私達を迷わせるのです。街中の地図は方向音痴でない人のために作られています。もっと弱者に寄り添ってほしいものです。

配達中のマップの固定方法ですが、右下にある方位を示したアイコンがありますのでタップします。

先端が赤色になります。これで北の方角が常に一定になります。

配達中、振動のせいか、いきなりこの設定が解除されてマップがぐるぐると回りだすことがあるので、常にマップが固定されているか確認してくだい

                                                                      画像

コンパス

正直これさえあればなんとかなります。方角を認識することが密に迷わない第一歩です。

アプリでもOKなのですぐに準備しましょう。地図を北に固定させておけばより効果が高くなりますよ。

             

まとめ

方向音痴自体は直っていません。直るのかもわからないです。

しっかりと自分と向き合い、対策をすることで方向音痴でも安心して配達ができます。

今、配達したくても方向音痴なことを理由に二の足を踏んでいる方がいましたらどうぞ安心してください。楽しんで配達できますよ。

本日も読んでいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!