【UberEats】配達員の荷物まとめ

エフミ
配達員のエフミです

ウーバーイーツ配達員の手続きを終え、バッグも届いたのでいざ配達!

ですが何からすれば良いのかわからない…そんな経験はありませんか?

ウーバーイーツは研修やマニュアルなものが無いため、必要な装備やノウハウは自分で探す必要があります。

いきなりウーバーイーツの海に放り投げられて途方に暮れる…誰もが体験することです。

私はそろそろ配達回数が1000回を越えようとしています。回数を重ねていくうちに配達の際に必要な荷物が絞り込まれてきました。

今回の記事では実際に私が配達をする際に持っている荷物を重要度別にご紹介します。

これからご紹介する物を揃えれば配達に困ることは無いと思います。

自転車やバイクを準備することやアプリをインストールすることなどは省いています

重要度☆☆☆(必須)

スマホホルダー

効率の良い配達は最短距離で配達することとなりますが、そのためにはこまめにスマホで道順を正確認する必要があります。

道順を確認する時に毎回ポケットから取り出すのは非常に面倒な作業ですよね。

一部の人はスマホを持ちながら運転は非常に危険なので絶対に止めましょう。

危険な運転をせずに手間を解決してくれるグッズがスマホホルダーです。

スマホホルダーは自転車に取り付け、いつでも地図を見られる状態にできます。これでポケットからスマホを取り出す必要がなくなり、安全に素早くマップを確認することが可能です。

スマホホルダーにスマホを装着しているからといって走行しながら携帯を操作して良いわけではありません。重大な事故を引き起こす可能性があるので、スマホを操作する際は安全に配慮し、停車してから操作しましょう。

詰め物類

商品とバッグの隙間を埋める緩衝材のことです。ウーバーのバッグは非常に大容量で多くの商品を入れることができますが、注文の品が小さい場合、バッグの中身がスカスカになるので配達中に段差などで商品が動く可能性があります。商品が動くと中身が溢れることや、お寿司とかだと中身が寄ってしまうなどして商品が崩れてしまいます。

Bad評価の大きな原因となるので配達中はなるべく商品を固定し、安全に運びたいことろです。

そんな時に役に立つのが緩衝材、私は小さなタオルを3枚用意しています。このタオルを商品とバッグに挟み、固定することで中身が溢れる事故を防いでいます。   

以前の記事でバッグの中身についてお話していますので、よければこちらもご参照ください。

【UberEats】やはりバッグの中身は初期装備が最強でした

モバイルバッテリー

ウーバーイーツ配達員アプリは非常にバッテリーを消耗します。体感では3時間もすれば充電は0になるほどです。

いくら体力や時間があってもスマホの充電がなければ配達できません。モバイルバッテリーは必需品となっています。

重要度☆☆(あると心強い)

 雨グッズ

ウーバーイーツで稼ぐには雨の日に稼働することが重要となります。雨の日は非常に注文数が多く、配達員も少ないので時給換算3000円も狙うことが可能です。

具体的にはレインウェアとジップロックとなります。ジップロックの役割は雨からスマホを守ることです。ジップロックにスマホを入れ、ジップロックごとスマホホルダーに固定することができます。

雨の日は稼ぐことができますが、事故に合う確率も非常に上がるため、雨の日に稼働する予定がない人は用意しなくても問題はありません、

しかし、ゲリラ豪雨など急な雨の場合があるので、雨の日に稼働はしない人でも雨対策で持っているのと心強い存在です。

【UberEats】雨の日グッズまとめ【セームタオル】

コンパス(アプリ)

突然ですが私は方向音痴です。最初は道に迷うことが多いかもしれません。道に迷う大きな原因は自分が向いている方角がわからない点ではないでしょうか。

言い換えると向いている方角さえわかれば地図が読め、配達ができます。

スマホのアプリにコンパスを入れ、常に進んでいる方角を意識してみましょう。

【UberEats】方向音痴でも配達する方法

重要度☆(あってもいい)

現金セット

ウーバーイーツは基本的に事前カード決済ではありますが、配達回数が一定数を超えると現金対応も受け付けることができます。現金対応を受け付けない設定にすることも可能ですので、現金対応しない人は必要ありません。

【UberEats】現金対応の荷物まとめ【決定版】

コイルチェーン

配達員は1日に何度も自転車に鍵をかけます。1回の配達でお店に入る際とお客さんのマンションに入る際の2回施錠します。仮に10回の配達をすると20回も施錠することになり毎度ポケットから鍵を取り出すのは非常に億劫になってきます。

そこでご紹介するのはコイルチェーンです。スプリング部分を腕にまくり付け鍵も取り付けます。そうするといちいちポケットから鍵を出さなくても良いので時間短縮です。

これが意外と便利ですよ。

いらなかったもの

使ってみたけど必要でなかったものもありますのでご紹介します。

サブの保冷バッグ

最初の頃はウーバーのバッグの中に更に保冷バッグを入れて配達をしていました。小さなバッグを中に入れることで隙間をなくす作戦でしたがもう使っていません。理由は

  • 隙間を埋めるのはタオルで十分だった
  • 大量の注文をもらった際に邪魔になる

以上の点がネックとなりサブ保冷バッグを持つことは止めました。

敷き物

ウーバーイーツのお客さんは商品の受け取り方法が指定できます。直接受け取る方が多いのですが、玄関の前に置いておくという「置き配」指定もできます。

その置き配指定の際にたびたび議論になるのが敷き物を用意するのかという点です。

地べたに商品を置かなくても良いのがメリットであり、なんとなく気遣いのできる配達員アピールができますが私は用意するのを止めました。

その理由は

  • 今までで敷物を敷いてほしいと言われたことはない
  • お客さんにとってゴミが増えるという意見
  • 敷き物のコストがかかる

配達員の心遣いではあるものの、必要はないというのが私の意見です。

まとめ

雨の日も稼働し、現金も受け付けている私の荷物をご紹介しました。これさえあれば配達は可能ですので一緒にウーバー生活を楽しんでいきましょう。

本日も読んでいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!