【UberEats】1000回までの道のり

2020年の7月から始めて2021年の1月についに1000回に到達しました。ここまでの道のりは長く、険しいものとなりましたがここでこの1000回の配達を振り返ろうと思います。1000件の配達で気づいたことをまとめ、これから始める人に少しでも参考になればと思います。

エフミ
Twitterやっています。お問い合わせはこちらから

とにかくあわてた【0~100件】

ウーバーイーツはマニュアルやチュートリアルがありません。以前は登録時にサポートセンターに行き、直接スタッフから聞くことはできましたが、現在サポートセンターは閉鎖。すべてオンライン上での手続きとなりました。全ての手続きを終えるといきなりウーバーイーツの海に放り投げられます。

初めての注文の場所は今でも覚えています。大正区のとあるスイーツ屋。初めてのウーバーイーツ配達、注文が着たアラームと心臓の音が輪唱していました。指定された店舗場所に向かってもお店は見つからず迷う私。初回の配達からピンずれが起きていました。なんとか商品を受け取り、配達先へ向かうも方角を間違えて反対方向に。まだまだ土地勘の無い大阪、自分の向いている方角がわかりませんでした。結果として2km先のマンションではあったのですが、30分以上かけた配達デビューでした。

それからは注文が入るたびに緊張して素早く届けようと焦り、安全に自転車を動かせていたとはいえなかったかもしれません。特に配達中に次の注文が入る(数珠る)と更に緊張が高まってしまいました。

最初の100件までは1件ごとに配達リクエストをオフにして配達すると落ち着いて配達がこなせ、慣れてくると思います。

現金配達に悪戦苦闘した【100~300件】

配達を100件こなすと現金対応が可能となりますがこれがまた曲者。なんと予告なくいきなり現金対応がONとなり、注文を受けて初めて現金対応していることに気づきます。

気づかずに配達、お客さんが玄関からでると現金を手に持っていました。慌ててサポートに電話しても現金対応してくれと返答。先に商品を渡し、銀行で現金を用意してからもう一度マンションに向かい解決しました。

ネットの情報を見ると「現金対応はお客さんの質が非常に悪くなるからやめとけ」という情報が多く見受けられますが、大阪の難波周辺で1000件配達した現金対応の感想はそこまで悪い印象はありません。高給なタワーマンションに住んでいる方からも現金対応はあります。注文件数が増えたかは検証のしようがないのでわかりませんが、そこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ。

100件配達をこなした時点で一度現金対応の設定を確認すると、私のようなトラブルは回避できそうです。

注文は全て受けていく【300~900件】

秋頃になると配達員が街に溢れ、注文数が激減しました。1時間も待機することが増え、配達のモチベーションが下がっていく日々でした。

少しでも件数を稼ぎたいと思いどんなに遠くても全て注文は受けるようになっていきました。

その結果、AIが育ったのか5分以上のピック(商品をレストランから受け取ること)が格段に増えました。加えてロングドロップ(商品をお客さんに届けること)も増大し、脚がどんどん太くなってきました。

この期間で大阪市の殆どを自転車で走破したことが後ほど大きく活かされることになります。

注文を受けるお店を選んでいく【900~1000件】

ここからは徹底してショートドロップのみを受け付けていく作戦に転じていきます。これを可能にしたのは今までどんな場所のお店からの注文を受けてきた経験です。

注文がアプリから届くと現在地と目的地のレストランの場所が表示されますが、この時点ではお店の名前はわかりません。注文を受けて初めて店舗名が表示されますが、ここまでの経験を経て、地図だけでどのお店から注文が着ているのかがわかるようになりました。

全てのお店から注文を受けてきたので、「このお店は遠くに飛ばされる」、「このお店はあのマンションからの注文が殆ど」などが予測できるようになってきます。注文のアラームが鳴っている時に、お客さんの住所が遠そうなお店からの注文は配達をしないようにしました。一度配達を了承してからのキャンセル、通称「受けキャン」ではなく、注文アラームが鳴っているときのキャンセルであるため、応答率によるウーバーイーツ側の評価には大きく影響はしません。

下の画面時でキャンセルをしています。

長距離配達のキャンセルを推奨しているわけではありません。あまりに選びすぎると何らかの影響はあるという噂なので自己責任でお願いします。

ショートドロップ(お店からお客さんの住所が近い配達)に専念することで気持ちが楽になりました。今までは長距離配達に当てられると稼ぎが減るために気持ちが沈みがちでしたが、近距離配達はその心配がなく、配達がまた楽しくなってきました。

時間帯によっては全受けもします。特に朝の9時半~11時まで、15時~18時は注文数が少ないため、注文はすべて受けるようにしています。

1000件以上は効率のみ

1000件配達の中で人気店は殆ど抑え、配達時のトラブルはあらかた経験しました。今後は特にやることがありません。より効率のいい配達法を模索し、稼いでいくことは変わりませんが、淡々とこなすのみになりそうなのが不安です。

2000,3000と数をこなしていけば、より気づくこともあるとは思いますので、引き続き楽しんで配達していきます。

最新情報をチェックしよう!