TOEICみんなで模擬試験の結果

エフミ
TOEIC試験中止を嘆いていたエフミです。

          

TOEICの勉強はいかがでしょうか。コロナの影響で試験が中止になる中、モチベーションを保つのが難しいですよね。

そんな中、先日TOEICの公式サイトから驚きの発表がありましたよね。TOEIC公式みんなで模擬試験です。

今回はその模擬試験を受けたレポート記事となります。

6月28日にTOEIC公式模擬試験が開かれた

TOEIC公式が開催した模擬試験

TOEIC公式みんなで模擬試験は、TOEIC試験を主催している会社が受験者の要望に答えた形で実施された模擬試験です。

自宅で、そして無料で試験が受けられるということでTOEIC学習者界隈では話題になっていました。

テスト形式は本番と同じ200問を2時間で解くというものです。

点数はあくまで目安となりますので履歴書とかには記載できないので注意してくだいさいね。

テストはTOEICの公式YouTubeチャンネルから受けられます。

以前、記事にしましたので、ページを張っておきますね。

TOEICが自宅で受けられる!TOEIC公式模擬受験!

テスト開始

事前に問題用紙と解答用紙を準備します。公式サイトは印刷することを推奨していますが、問題用紙は印刷すると40枚ほどになるのでノートを用意して挑みました。

40枚もの印刷を推奨しないでほしかったのは内緒です。

試験時間は2時間。テスト開始!                   

結果

テストが終わりました。試験終了後、点数の出し方と問題の解説をされている動画を視聴し、自分の点数を出します。

結果は

                     

360~400点

うそ、私の点数低すぎ?    

原因

絶賛言い訳タイムが始まります。

Part4,6,7はぶっつけ本番

TOEIC対策はパート3までしかやっていません。

スタサプでTOEICの勉強を始めて1ヶ月です。

1ヶ月間で勉強した範囲はは基礎英文法→パーフェクト講義英文法編→パーフェクト講義(これがTOEIC対策講座)となります。

これでは点数を上げるなんて難しいですよね。

これが実際の試験でなくてよかったです。

今回は無料で良かった。

9月までにはPart7まで対策をして、実際の試験に挑みます。

時間配分ができていない

もうひとつは時間配分ができなかったところです。リーディングのセクションに入ってから順に問題をこなし、Part7に入ったとこであと40分ほどしか残されていませんでした。

1問1分ペースで問題を解けと?

時間が足りない問題はマークシート特有の適当穴埋めもできましたが、正確な実力がわからなくなるので、できなかったところは白紙にしました。

おかげさまで20問ほどは問題文も見ていません。

この問題は回数や対策をすれば解決できると思いますのでさほどは気にしていません。

対策したところはできていた

 Part1はほとんど満点

Part1は1問だけミスであとはすべて正解でした。

これには自分でもびっくりです。

スタサプで繰り返しディクテーションや発音練習をしたおかげで、リスニング力がついたと実感できました。

これは大きな成果で自信に繋がりました。

TOEIC800点取るならPart1は1問もミスは許されないとは言わないで

Part2,3は6割ほどの正解率

Part2,3はPart1と比べて少し正解率は落ちましたがそれでも6割ほど。

嬉しかったのが、確実に聞き取れて、自信を持って判断した問題がいくつかあったことです。

不安な問題は消去法を使って答えを絞っていくことで正解率を伸ばせました。

スタサプの先生も消去法は立派な解き方と仰っていたのでこれでいいのだと自分に言い聞かせています。

目標はPart1のように確実に理解して正解を導き出せるようになることです。

Part5(文法) の正解率は7割                                         

文法問題は楽しく答えられました。

特に形容詞や副詞に強くなったかなと思います。

選択肢の中でこの単語に対応できるのはこの品詞だな。というように、品詞の意味を理解して選択できるのは気持ちがいいものですね。

電車の中で、さんざん形容詞、副詞を復習していたのでその成果が出ました。

Part5なんてサービス問題だろ、こんなんで浮かれちゃってwなんて言わないで。

 

スタサプの効果が出ていた

1ヶ月ほどしかスタサプでTOEICの勉強はしていませんが、それでも効果があったと思います。

特に対策したPartとそうでないPartに明確な差が生まれました。

対策したリスニングのPart1,2,3,リーディングのPart5は比較的点数が取れましたが、何も対策をしていないPart4,6,7はほとんどわからなかったです。                    

 スタサプの効果は高い

対策した通りの問題が出題されてたので解ける問題は簡単に解くことができました。

解説動画で話されていた注意点を思い出し、問題に挑むことでケアレスミスも減ると思います。

そしてスタサプには、厳選されたTOEIC頻出単語が学べます。

今回は、その単語練習も大きな効果がありました。

特にリスニングで覚えた単語が出題されたのが点数アップに繋がりました。

続けよう

結果は約400点。

この点数は事実で、点数が取れないとTOEICの意味はないことは理解しています。

それでも1ヶ月で勉強の成果が現れました。

次回は本番。9月です。

それまでにスタサプで対策講座を終わらして、点数アップします。

本日も読んでいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!