TOEICが受けられない?原因と対策

エフミ
1年間でTOEIC800点取得チャレンジ中のエフミです

TOEICの勉強をし始めて1ヶ月が経ちました。

少しずつ問題が解けるようになり、毎日楽しく勉強しています。

そして、7月8日にようやくTOEIC試験の申込みが始まりました。

今回の試験日程は9月13日(日)となります。

新型コロナウイルスにより中断していたTOEIC試験、まだまだ安心はできませんが少しずつ日常がもどるといいですね。

7月8日10時からTOEIC申し込み開始

9月13日(日)のテストへの申込みが2020年7月8日10時から開始となりました。

約半年ぶりのテスト、気合を入れて頑張りたいです。

今までは模擬試験や別のテスト結果の点数からTOEICの目安点数を換算してきましたが、今回は本番です。前回の模擬試験からどれだけ点数が上がったのかが楽しみです。

勉強のモチベーションが更に上がりました。

が…!

応募殺到でアクセスできず

予約開始時刻になり、何度アクセスしても申し込みページにアクセスできません。

初めての個人受験です。こんなものなのかと思い、何度も何度もチャレンジです。

が…ダメ…!

なんと申し込みは先着順

アイドルのコンサートチケットのように応募は先着順で人数にも限りがあります。

全国のTOEIC受験者がその椅子を巡って戦いを繰り広げていました。

受けられませんでした

負けました。

健闘むなしく、地元会場はすでに満席。

一瞬で席が埋まったと思います。

私よりTOEICに懸ける思いが強い人が多かったみたいです。

就職や留学にTOEICの点数が求められることがあります。

そういった方に受験資格が優先で届くといいですね。

今回は諦めて次回の試験にチャレンジです。

次回のテストは10月4日(日)申込日は2020年7月29日(水)10:00となります。

対策

次回も申し込みが殺到しては同じようなことが起きるために対策を練ろうと考えます。

申込日当日は仕事休んで待機のみ

先着順のみの対応で前回受けられなかった人への救済措置はないそうです。

社会人の方が考えられる対策としては申込み時刻になればタバコ休憩やトイレなど、スマホを触れるようにするしかないようです。

いっそのこと有給取るくらいしないと試験は受けられなさそうですね。

社会人の個人受験は相当厳しい現状となりましちゃ。

TOEICが受けられないなら別のテストを受けてみる

TOEIC以外にも英語のテストはあります。

CASECというのはご存知でしょうか。

毎日、オンライン上で英語のテストが受けられます。

受験料も税込3,667円と安く、TOEICの点数にも換算してくれます。

しばらくはCASECのお世話になりそうです。

以前、私がCASECを受験した記事を載せておきますのでこちらの記事もご覧ください。

TOEICが中止!?代わりにCASEC(キャセック)を受けてきました。

 

まとめ

今回のTOEIC試験は受けられなかった私。次回に持ち越しです。

新型コロナウイルスが収束するまでこれからも混雑が続くと予想されるTOEIC試験。

モチベーションを維持しつつテストを受けたいですね。

本日も読んでいただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!