水泳では痩せないという話

エフミ
こんにちはエフミです

私は大学まで水泳選手で大学時代はジムでアルバイトもしていました。

おそらく普通の方よりはダイエットや筋トレには際しいと思います。

ジムで働いていた時、お客様に水泳かランニングマシーンのどっちがより痩せるのかをよく聞かれていました。みなさんはどっちだと思いますか?

結論から言いますと、水泳では痩せません。

ジムで働いていていたその経験から水泳では痩せないということを話していきたいと思います。

この記事は水泳で痩せるのか疑問に思っている方や水泳をしているのに痩せなくて悩んでいる方に向けて書きました。

そもそも痩せるには

筋トレもだが有酸素運動が大切

有酸素運動(水泳やジョギングなど酸素を取り入れて脂肪や糖質をエネルギーに変えながら行う運動)の効果があらわれるには約20分後と言われています。

20分後から脂肪や糖質が燃焼し始め、痩せていくので最低でも20分は運動し続ける必要があります。

水泳自体は有酸素運動に非常に効果的

 

水泳を行うメリット

体の負担が少ない

水泳は膝や腰などの関節への負担が少ない運動です。

体重が重たく、走ると膝を痛めやすい人や、お年寄りの方にも楽しめる運動です。

リラックス効果もあり、生涯楽しめる運動の1つです。

消費カロリーが多い

1時間クロールで約600kcalの消費となり、同じ時間でのランニングですと約400kcalの消費となります。

カロリーの消費量自体は水泳の方が効果があります。

 

ではなぜ痩せないか

強制力がない。

ジムのランニングマシーンは地面がコンベアー式で走らないと体が放り出されますよね。

その場で走ることを強いられるのがランニングマシーンの良いところです。

ランニングマシーンは1度タイマーを設定すると終わるまで走らせてくれます。もちろん途中でスピードを落とすことや、止めることも可能ですが、基本的には走りっぱなしです。

ところが、水泳の場合は自分の気持ちで止めやすく、そのしんどさに負けてしまいます。普通は泳ぐほうがしんどいと感じる方がほとんどですから、尚更です。

休憩時間を多くすると有酸素効果が得られにくくなるので、消費カロリーが少なくなり、痩せにくくなります

プールはみんなのもの

ランニングマシーンとは違い、プールは1コースに何人もの人が泳ぎます。同じレベルの人なら均一に距離が取れて問題ありませんが、レベル差があると、後ろの人がコース途中で追いついたりします。

その場合は、25mを泳ぎきってから後ろの人に譲る必要があります。コース途中で追い抜くことは危険なので禁止しているジムが多いです。

水泳における有酸素運動は、一定のペースで泳ぎ続けることが大切です。

人数が多いと25m毎に1分以上も止まらなければいけない場合があり、有酸素運動の意味がなくなります。

気にせずに泳ぎ続ければいいじゃんと思うかも知れませんが、止まらずにもくもく泳いでいるとクレームが入ることがありますので、人が多いときには泳ぎを止める必要が出てきます。

私は、実際アルバイト中にお客様からあの泳ぎ続けている人がいて泳げないから注意してほしいと何度もクレームを受けました。

上手になるといくらでも楽ができる

泳いでいるとどうしても実力がついてきます。その際に困ることが、上手になるといくらでも楽ができるということです。

私は25mならバタ足なしで腕は7掻きくらいで25mを泳ぎます。

どんな運動でもレベルに合わせて強度を強くする必要があります

水泳の場合は早く泳ぐことが運動の強度をあげることなのですが前述したとおり、人が多いと早く泳げません。

これでは痩せませんよね。

一方ランニングマシーンは占有物です。

30分間とタイマーを決めたら時間内はずっと使えます。基本的には邪魔されず、もくもくと運動ができます。

プールで痩せるには

暇な時間帯を狙う

開店直後や閉店前など比較的人が少ない時間帯で泳ぐのがおすすめです。

混雑で止まる機会を減らし、どんどん脂肪を燃焼させましょう。

泳ぐのが上手な方もある程度スピードが出せます。

水中ウォーキングやアクアビクスに参加

空いている時間にジムへ行けない方や泳ぐことができない方は水中ウォーキングやアクアビクスがおすすめです。

水の抵抗を利用することで通常のジョギングやエクササイズより脂肪燃焼効果が高いです。

水中ウォーキング泳いでいて前が詰まったと感じたらウォーキングに切り替えるのがおすすめです。休む時間を減らし、脂肪を燃焼させ続けます。

もちろん、体を休めるのも大切なので無理はしないでくださいね。

アクアビクスはインストラクターによるレッスン制が多いと思います。無料で参加できることが多く、時間も30分ほどと有酸素運動にはもってこいです。

 

水泳で痩せることは可能だが

同じ時間運動した場合なら、ジョギングより水泳の方が脂肪燃焼効果はジョギングより高い効果が見込まれます。

しかし、水泳は運動を止めないといけない場合が多く、思ったよりかは運動ができません。

周りに気を使うことも多く、ストイックに運動し、痩せたい人には向かないです。

ただ、水泳は体の負担が少なく生涯楽しめる運動であり、また心身のリラックス効果もあります。

水泳で痩せたい場合は他の利用者数が少ない時間帯で泳ぐなどの工夫が必要です。

本日もこのサイトに来ていただきありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!