TOEICが中止!?代わりにCASEC(キャセック)を受けてきました。

こんにちは。エフミです。

1年間でTOEIC800点チャレンジが始まりました。語学の学習やスポーツなど、すべてに共通することが、『現状を知る』ではないでしょうか。今の自分のレベルを知り、目標までの距離を測ってから学習計画を立てることは、重要です。

そこで今回は今の実力を知るために、英語のテストを受けてきました。

TOEICはコロナにより9月まで中止                    

ところが、コロナの影響で次回のTOEICの試験は9月13日までありませんでした。

ここでもコロナの影響がでているのですね。

このままでは今の実力を測ることができません。

9月までテストが受けられないのは非常に困ります。

 CASECを受ける

TOEICに代わるテストがないか調べるとCASECと言うテストを見つけました

CASEC

 

CASEC(キャセック)は公益財団法人「日本英語検定協会(英検)」が基礎開発、現在は株式会社教育測定研究所(JIEM)が開発・運営を行っている英語コミュニケーション能力判定テストです。

メリットは大きく、

自宅でいつでも、何度でも受験でき、その場で結果がすぐに分かる。

その結果をTOEICの点数に換算してくれる。

9月まで現状のレベルがわからないのは大きな損失。すぐに申込み、テストを受けてきました。

受験料は税込3,667円と安く、コンビニ払いもできるので便利です。

テストは聞き取りや語彙力

テストは40分ほどとなります。

内容は会話文の聞き取りや語彙力が試される問題です。

4択問題となり、TOEICの問題形式と似ていますのでTOEICの練習としてもいいかもしれません。

事前にイヤホンの準備が必要です。

              結果

テストは40分ほどで終わり、すぐに結果がでました。

点数は365点

うそ、私のTOEIC低すぎ

しっかりフィードバックとして、テストの結果の詳細が送られてきます。       

圧倒的語彙力の低さでした。

特に形容詞の理解が低いと書面でアドバイスを貰いました

各セクションの詳細もPDFで送られます。

TOEICの点数はあくまで目安だそうで実際にこの点数通りになるわけだはないそうです。

点数は気にしない

始めはこんなもの。

今回は現状のレベルを知りたいので点数は気にしていません。

ここから1年で800点に伸ばす。そのための現在地を知れてよかったです。

むしろ、低い点数のほうがブログのネタとしては嬉しいです。

前向きに行きましょう。

次回から本格的に勉強をしていきます。       

 

最新情報をチェックしよう!